一歩進んだ広告を考えるならデジタルサイネージ

by author



道を歩いていると、街にはあらゆる広告があふれています。


看板やポスター、チラシなど、あまりの多さにうんざりすることもあります。

なかなか足を止めてまで見ようとすることはありません。

ジョルダンニュース!に関する情報収集をサポートします。

せっかく高い印刷代を払って広告を貼っても、見てもらえなければ意味がありません。



デジタルサイネージは、広告媒体の一つで、いわゆる電子看板のことです。

ディスプレイで映像や情報を発信します。


最近では、街角や公共施設、電車の中などでも見かけるようになりました。大きさも、大型の街頭ビジョンから、小型のものまで様々あります。ネットワークにつなげることで、いつでも最新の情報に簡単に更新することが出来ます。

また、デジタルサイネージは一方通行の紙媒体の広告とは違い、時には情報をやり取りすることで、見る側の要望に応えることも出来ます。

消費者の動向や要求を知るツールにもなるのです。

デジタルサイネージに関して最新情報を教えます。

顔認識を使い、消費者が求めるものを選んで表示するシステムもあります。効率的に消費者の求めるものを明確に示すことで、より一層の宣伝効果が高まります。

印刷代などがかからず、人件費も安く済むため、デジタルサイネージを採用するところも増えてきています。
また、広告だけでなく、ホテルや施設の案内などにも使われています。
空間を演出するものとして、アートやアクアリウムを表現することも出来ます。

緊急時などは、必要な情報を伝える掲示板にもなるため、デジタルサイネージの需要は今後ますます増えると思われます。